ドラえもん カプキャラドラえもん2 レビュー

こんばんは管理人Yです。

急に始まる街で見かけた気になるガチャレビューです。
(何やそれ)

今回は近所の本屋に立ち寄った時に見つけたドラえもんのガチャ 「カプキャラ ドラえもん 2 」です。

僕自身はほぼドラえもんに興味がない人なのですがボックスアートの

「カプセルが約11cmのビッグ サイズのフィギュアに!」

のコピーにつられて回してみました。
11センチってまあまあでかいよね。しかも300円カプセルで。

で、出てきたのがこちら。

f:id:log-y:20171105193000j:plain

ドラえもん(どら焼きつき)です。

この商品のラインナップはドラえもん(ネズミつき)、ドラえもん(どら焼きつき)、ドラミちゃん、ひみつ道具(ミニドラえもん)の4種。
ドラえもんファンの人にしてみればどれが出ても大当たりって感じなんでしょうがにわかファンとしてはどら焼き付きが出れば大当たりと思っていたので1回でどら焼き付きが出たのでラッキーでした。

f:id:log-y:20171105193515j:plain

カプセルを開封するとこんな感じ。
カプセルがそのまま顔になっていて本体が収納されています。
最近話題になったガンダムシリーズガシャポンのエクシードモデルザクヘッドと同じつくりじゃねえか、と思ったらこちらのカプキャラドラえもんの第1弾は2015年発売となっているのでカプセル顔面方式(?)はむしろこっちのほうが先駆けなんですね。

もちろん部品点数とか構造が違うので単純に比較は出来ませんがアイデアとしては既にこちらで先行していたんですね。すげえなバンダイ
それはさておき組み立てましょう。

f:id:log-y:20171105194059j:plain

f:id:log-y:20171105194237j:plain

とはいっても胴体と頭のジョイントを組み合わせるだけで完成です。

f:id:log-y:20171105194402j:plain

完全にドラえもんです。

f:id:log-y:20171105194651j:plain

f:id:log-y:20171105194728j:plain

f:id:log-y:20171105194802j:plain

シンプルなドラえもんのボディを完全再現。

f:id:log-y:20171105194913j:plain

f:id:log-y:20171105194955j:plain

f:id:log-y:20171105195046j:plain

手足は別パーツ。どら焼きのディティールもしっかりと再現しています。
特徴的な口とかどら焼きまで塗分けがかなりしっかりしています。

f:id:log-y:20171105195249j:plain

底面もちゃんと塗装されています。

f:id:log-y:20171105195404j:plain

あと顔の白い部分が別パーツ化されているのはすごいですね。

300円でこのクオリティはなかなか満足感高いです。

あえて欠点を挙げるなら首のジョイントが少しだけゆるい感じになっていることでしょうか。
とは言ってもこれは商品仕様っぽいですが。
首を左右に振ることもできますし個人的には全然問題ないのですが、幼児が振り回すとすっぽ抜けて危ないかもしれません。

大人はそういうことしませんが子供に人気のキャラですし子供が遊ぶのにはちょっと心配かも。

子供が触る場合はいっそ瞬間接着剤で各パーツを固定してもいいかもしれませんね。

サイズ感が分かりにくいのでお馴染み(?)リボヴェノムと比較してみました。

f:id:log-y:20171105200048j:plain

ただの変態ですね。

f:id:log-y:20171105200150j:plain

しかしでかい。
規格外のリボヴェノムと比べてもこのでかさ、、、!
(わかりにくい)

結構存在感あるのでドラえもん好きな方もそうでない方も見かけたら回してみてはいかがでしょうか。

そんなに興味ない人でも割と楽しめたのでお勧めです。

我が家では玄関に飾っております。

それでは!

f:id:log-y:20171105200736j:plain



ドラえもん カプキャラドラえもん2 | 商品詳細 | ガシャポンワールド

アルティメットルミナス 03 レビュー

今回紹介するのはウルトラマンアルティメットルミナス03です。

ウルトラマンはあんまり興味なくて特にフィギュアなどは集めていなかったのですがYouTubeのレオンチャンネルでアルティメットルミナスのレビュー動画をみてちょっと気になったので早速買ってみました。

f:id:log-y:20171024011125j:plain

03はウルトラマンジャックウルトラマンゼロ、団地+ルミナスユニットのラインナップ。
現時点での最新弾は04が発売されてますがエースがあんまり好きじゃないのでまだ残っていた03を回してみました。

一発目に団地がでてマジかよ、、と思いましたが団地だけでは寂しすぎるのでもう一回チャレンジ。
二発目はゼロが出たので団地もう一個だけ欲しいなと思いもう一度回すとジャックが!
3回でコンプしてしまいました。
ただ団地はルミナスユニット付きなのであと一個は欲しいかな。

もしくはもう100円ぐらいプラスしてもいいからルミナスユニット付きで発売しないかな。ガシャポンカンのやつでもいいので。

f:id:log-y:20171024013038j:plain

パープルのカプセルはウルトラマンゼロ

f:id:log-y:20171024013158j:plain

オレンジのカプセルはウルトラマンジャック

f:id:log-y:20171024013312j:plain

グレーのカプセルは団地+ルミナスユニット。


ウルトラマンジャックはこんな感じ。

f:id:log-y:20171024013515j:plain

f:id:log-y:20171024013618j:plain

f:id:log-y:20171024013652j:plain

f:id:log-y:20171024013728j:plain

両手を前方に構えたポーズです。
ウルトラマンといえばこのポーズ(?)

f:id:log-y:20171024014032j:plain

ルミナスユニットで発光させるとこのような感じ。

f:id:log-y:20171024014125j:plain

画像だと光が強すぎるような感じですが実際はもっと自然な柔らかい感じの発光です。

発光しているとかなり印象が変わりますね。

かっこいい。

ウルトラマンゼロはこんな感じ。

f:id:log-y:20171029004905j:plain

f:id:log-y:20171029005049j:plain

f:id:log-y:20171029005338j:plain

f:id:log-y:20171029005518j:plain

拳法の使い手らしく片手を突き出し構えたポーズ。
この人はセブンの息子だそうで。
そういわれるとかなりディティールが似通ってますよね。

ルミナスユニットを点灯するとこんな感じ。

f:id:log-y:20171029010125j:plain

f:id:log-y:20171029005821j:plain

やっぱり画像だとかなり発光がきつく見えてしまいますが実際はゼロも同じく自然な感じの発光具合になっています。

胸のタイマー部分と額のビームランプがしっかりと色分けされている点も完成度高いですね。

ゼロ、ジャックとも造形もかなり気合入っていますし、塗装もいい感じ。
まあカプセル商品なので塗装のはみだしや歪みなどはありますが、、この辺は個体差もありますし仕方ないところかなと言う気はしますね。
ガシャポンでは高価格な500円ですが完成品フィギュア(半組み立てですが)と思えば500円でこのクオリティなら大満足。

褒めちぎるのもあれなんで(笑)気になったところも書いておくと、僕の引いたゼロは背中側のフタの上側から光が漏れるんですよね。

f:id:log-y:20171029011356j:plain

ほんの少しですし基本飾ってる状態だと正面から見るわけなので致命的な欠陥って訳でもないのですが、ちょっとがっくり。
個体差と言える部分ですが気になるといえば気になるんだよなあ。


f:id:log-y:20171029011740j:plain

そして団地。

ある意味でこの商品の主役といってもいいかもしれないアイテム(笑)
だってこれがないとウルトラマン達が光らないからね!w

正直これで500円はやり過ぎだろという気がしなくもない、、ってかやり過ぎだろ!!!

造りは中々凝っていて価格なりの完成度はある気はしますが。

f:id:log-y:20171029012046j:plain

このような感じの分割になっていて結構しっかりとした造り。
発光状態も割と本物感ある光り方なんですよね。
中のクリアパーツの上にホイルシールを貼って光が回り込むようになってるんですよね。

しかし

f:id:log-y:20171029012204j:plain

これもハズレを引いたのか光が漏れている。
エッジに塗料が乗り切っていなかったのか、かなり駄々洩れ。
これは微妙、、。

中身がクリアパーツなんだから外側は成形色でグレーとかにしてくれよバンダイww


と、若干気になるポイントはありますがフィギュアとしての完成度は高いですし、サイズも意外と大きいので手にした時の満足感はかなり高いです。

ルミナスユニットと合わせて一体1000円ですが発光ギミックを考えれば価格相応の価値はありますね。

単純に目が光るってだけですが、この光るギミックだけでこんなに印象が変わると思わなかった。

正直ウルトラマンはあまり興味無かったのですがアルティメットルミナスシリーズはちょいちょい買ってみようかなと思いました。

見かけたら是非とも回してみては。おすすめです。




gashapon.jp

iPhonex 買う買わない問題

 

f:id:log-y:20171029002105j:image

 

今年もやってきた新型iPhoneの季節。

 

どうも管理人Yです。

 

一足先に発売されたiPhone8と10月27日から予約スタートのiPhoneX。

 

今回のiPhoneXは色々と機能的なアップデートが多く狙ってる方が多そうな予感ですが、個人的には買わないと思います。

 

まず、価格。

やっぱり庶民にとって10万超えは中々手が出しづらいですよね。

もちろん価格相応の機能は備えてると思いますが、、それを踏まえても即決するには勇気のいる価格帯ですよね。

 

あと個人的に思うのは事前のリーク通りのスペック過ぎて驚きがないこと。

5sぐらいからずっとなのですが今回も例にもれず概ね事前情報通りのスペックでした。

、、実はtouch IDは画面の下に埋め込んでるさ!!faceIDと両方使えるよ!

 

とかだったら即決で購入しましたけど残念ながらface IDのみの搭載。

スペックがほぼリーク通りですから別に大した驚きも期待も無いですよね。

プロダクトとして素晴らしいのは否定しないんですが(実際iPhoneユーザーですしw)昔ほどワクワク感が無くなったというのが正直なところでしょうか。

 

これはたぶん自分だけじゃなく多くのiPhoneユーザーが思うところではないかなと個人的に思っていますが。

 

スペックも防水に無線充電に有機EL、、、完全にandroidの後追いですからね。

それが悪いとは言いませんが、いや、むしろやっとiPhone有機ELかと思うと嬉しいですがやっぱりイノベーションとか新鮮さとか言うところからは程遠いわけですよ。

 

とにかくiPhone X、、買わない(買えないともいうw)

 

そして通常のナンバリングiPhoneは9がでるのか?

X は X‐2 などのように(FFみたい)継続していくのかは気になるところです。

2018年のiPhoneも今から気になりますね。

 

管理人の新iPhone雑感でした!

フィジェット ハンドスピナー レビュー

f:id:log-y:20170829231349j:plain

こんばんは管理人Yです。

今回はハンドスピナーのレビューです。

猫も杓子もハンドスピナーといった感じでいまだに流行っているハンドスピナーですが僕も例にもれず購入してみたのでレビューします。

とは言っても今年の5月に購入したのでまだそんなに爆発的に流行る前だったと思います(多分)

僕が購入したのはステンレスで小型のタイプ。

f:id:log-y:20170829231735j:plain

サイズ感はこのような感じ。

長さで言うと5センチ程度でしょうか。
結構小ぶりなサイズにも関わらず材質はステンレスで(おそらく)手にするとずっしりきます。
足に落としたりすると超絶痛いやつです。

ベアリングが結構大型の物が使われています。

f:id:log-y:20170829232110j:plain

ベアリングケースは真鍮製で黄色がかっています。

重さがあるので結構長時間(2~3分)回っているのでまあ、なんか、いいんじゃないでしょうか。

ハンドスピナーって触って面白いとか楽しいってもんでもなく何となく触ってみる程度の物なんですよ。本来。(多分)
なのでパソコン触っているときに画像の読み込みが遅いとかなんか手持無沙汰の時にちょっと回してみるといいですよね。
不思議と触ってしまうんですよね。それで作業が止まると本末転倒ですが(笑)

まあなんか子供だけじゃなく大人にもおすすめです。

意味が分からん!って人ほど一度手に取ってみると良いかもです。
なんか微妙に癖になるので。(ならなかったらごめんな)

微妙に高いですが500円程度で購入できるものもあるので探してみてください。


それでは。

ハードコアチョコレート大阪いってきたどー

こんばんは管理人Yです。

本日はTwitterなどで大人気のキワモノアパレルブランド「ハードコアチョコレート」大阪店に行って来ました。

地下鉄日本橋駅から徒歩5分。
通りから一本入ったところに鎮座するのは、、、

f:id:log-y:20170829224758j:plain

お馴染みメルティッドスカルの看板!!!
もうこれだけでテンションぶちあがりますね。

その奥の階段をのぼると、、

f:id:log-y:20170829225014j:plain

ばっちり営業中のお札がかかったドアが!!!

というわけで突入してきたのですがおねいさん二人に客は自分一人だけという状況に微妙に緊張してそそくさと店を後にしましたとさ(笑)

ほんとは写真とか撮りたかったんですけど許可も貰ってなかったし、それ以前に話しかけもしてないしで散々w
平日の真昼間に来る客ってあんまりいないんだろうな(笑)

まあ、そのうちまた行ってみようと思います。


そんな訳で購入したのはこちら。

f:id:log-y:20170829225546j:plain

関西限定コアチョコロゴウエストサイドバージョン。

通常版のやつも欲しかったのですが見当たらず、、単に探しきれなかっただけかもしれんが、、

f:id:log-y:20170829225820j:plain

そして秘密の合言葉キャンペーンでいただいたGⅢTシャツ。

これはヤバすぎるでしょ、、。そしてコアチョコ太っ腹すぎでしょマジで。

ちなみに今回コアチョコ初体験でした。
やっぱり最初の一枚はベーシックなコアチョコTが欲しかったんや!
(ガメラはあくまでおまけです)

オンラインでは売り切れになってる物もちょいちょいあった気がするのでまた行こうと思います。

大阪の人は行ってみるといいよ!

core-choco.shop-pro.jp

MSアンサンブル 03 Zガンダム レビュー

f:id:log-y:20170829213053j:plain

こんばんは管理人Yです。

今回はガシャポン MSアンサンブル 03 よりZガンダムのレビューです。

f:id:log-y:20170829213246j:plain

f:id:log-y:20170829213317j:plain

f:id:log-y:20170829213555j:plain

f:id:log-y:20170829213623j:plain

SDガンダム系統の体形ですがコンバージシリーズと同様の3頭身というか少しリアル寄りのスタイルになっています。
ただしこちらは可動フィギュアのため首、肩、肘、膝、腰、足首などに関節が入っておりコンバージより若干武骨な感じがします。
武装を取り付けた時のシルエットの変化を楽しむというのがコンセプトのため関節部のサイドがそのまま3mm取り付けジョイント穴になっており、関節部が少々大きくなっているのが武骨さを出している要因です。
スタイリングに関しては固定モデルであるコンバージシリーズに一歩及ばない感じ。

というかコンセプトが違うからスタイリングが異なるのは当たり前、、か?


f:id:log-y:20170829215007j:plain

f:id:log-y:20170829215759j:plain

可動についてはとても優秀で上記の関節部分が非常に良く動きアクションポーズも取らせやすいです。

ただゼータについては膝部分が深く曲がらなかったり肩が上げにくかったりデザイン的な干渉が多くあまりグリグリ動く感じではないのでそこまで大ぶりなポージングはしにくいように思います。

f:id:log-y:20170829220312j:plain

しかし上記の点を差し引いても非常にイケメンのゼータですし造形もカッチリしていてモールドも細かく情報量が多いのでコンバージに引けを取らない完成度だと思います。
(まあコンバージには固定モデルの良さがあるのですが)

f:id:log-y:20170829220652j:plain

武器セットのビームサーベルを装備。

(画像で装備している平手、握り拳も武器セットに付属の物です)

f:id:log-y:20170829220937j:plain

しかし気になる点がこの股関節のスタンド差し込み箇所。
スタンドががっちりハマりすぎて引き抜こうとすると股関節のジョイントごとすっぽ抜けるんですよね。
ここは普通に3mmジョイントでよかったのでは?

f:id:log-y:20170829223427j:plain

気になるところが全く無い訳では無いですがそれでも完成度がめっちゃ高いMSアンサンブル、コンバージ好きな方や可動フィギュア好きにはおすすめです。

gashapon.jp

FW SD GUNDAM NEO 02 ガンドランダー レビュー

f:id:log-y:20170829203617j:plain

こんばんは管理人Yです。

今回のレビューはFW SD GUNDAM NEO 02 「ガンドランダー」です。

ガンドランダーといってもほとんど知らない方が多いのではないでしょうか。
当時ガシャポンなどで販売されていたりコミックボンボンで漫画が連載されていたような気がしますがうろ覚えです。

そんなガンドランダーですがSD GUNDAM NEO 02 でラインナップされたので購入してみました。

f:id:log-y:20170829204722j:plain

f:id:log-y:20170829204849j:plain

f:id:log-y:20170829204923j:plain

f:id:log-y:20170829205007j:plain

ファンタジー風アレンジがされているキャラクターだけあって角や牙の質感が生物的でかっこいいです。
髪の毛のようなケーブル状パーツも細かく造形されており見栄えが良いです。

f:id:log-y:20170829205507j:plain

盾の獣状レリーフも非常に細かく再現されています。

f:id:log-y:20170829205618j:plain

分割はこのような感じ。

f:id:log-y:20170829205844j:plain

ガンドランダーも接続パーツを介して盾を保持する構造です。
まじでこのシリーズどこまで凝ってるんだ(褒め言葉)

f:id:log-y:20170829210044j:plain

f:id:log-y:20170829210159j:plain

胴体中央部の牙のモールドなども非常に細かくてこの価格とは思えないクオリティです。

アンテナ、頭部の角、剣などはABS成形でしっかりシャープな出来です。

しかしこのガンドランダー、知名度ゆえか某大手スーパーの食玩売り場などでは相当数売れ残ってるのでやっぱり人気無いのでしょうか、、。

第2弾はゼータ、ストフリ、ヘイズルと人気機体ばっかりなのでしかたないのかな、、。

だいたいどこもアッシマーとガンドランダーが残ってるんですよねw

このとおり価格以上のクオリティなので知らなくても手に取ってみてはどうでしょうか。
個人的にはかなり気に入ったのでおすすめです。

それでは。

www.bandai.co.jp